スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

공중도덕(公衆道徳) "공중도덕(公衆道徳)"

0301_gd.jpg


Artist: 公衆道徳 공중도덕
Album: "公衆道徳 공중도덕"
Label: Botanical House
Year: 2017 (Original Release: 2015)

Tracklist
01. 白い部屋 하얀방 (4:24)
02. 地震波 지진파 (3:31)
03. パラソル 파라솔 (2:00)
04. ウ 우 (4:26)
05. 沼地 늪지대 (6:19)
06. 月たち 달들 (3:04)
07. 多分 아마 (1:18)
08. 結び目 매듭 (7:03)


韓国のインディ・シーンから突如現れた謎のユニット공중도덕(公衆道徳) によるセルフタイトルのデビュー作は、何がどうなってこんな作品が突如韓国から飛び出してきたのか理解不能な怪作でした。
突如、といっても本作がリリースされたのは2015年のことで、今の春に日本でCD化(フィジカル化そのものが初っぽい)?された、というのが正確なところです。

がしかし、この作品の隅から隅までに横溢する、まるで世相など関係ないかのような超然とした空気/雰囲気/佇まいは、新作としても全然問題ないくらいエヴァーグリーンだと思いますし、まぁそもそも(私自身の不勉強ももちろんありますが)、こうやって大きく音楽ファンに認知されるチャンスが巡ってきたわけですし、今年の作品として取り扱いたいと思います。

さて、このユニットに関する詳細情報は現在でも殆どと言っていいほど非公開となっております。
日本語では、今回のリリース元のBoanical House関係者によるインタヴューが情報としても有用かと思われますが、これによると現在この名義での活動はされてないようです。

本作はフィンガースタイルのアコースティックギター弾き語りを主なスタイルとしながら、そこに様々なフィールドレコーディングやその他の楽音、電子音、歌声などをコラージュし作り上げたものなのですが、一音一音が完璧というか、まさに「こうあるべき」形に収まっているという奇跡を達成しておきながら、どこまでもソフトで、作りこまれたような形跡を微塵も感じさせない、背筋が凍るほどに不可思議な出来になっています。

爪弾かれるアコースティックギターで構築される楽曲は、酩酊的な空気を醸したり、突然思いついたかのようにリズム/進行を明後日の方向に変えてみたり、と思いきや今度は狂ったバランスの音響に埋没してみたり…とわずか30分強の作品とは思えないほどに劇的な変化を見せます。

自宅で本作に係る大半の作業を行ったということもあり、音は密室的でパーソナルなテクスチュアを纏っています。
音楽の作り方やアウトプットの形などは日本で言えばdrawing4-5に近いのですが、個人的にメロディセンスと合わせ何かに似ている、と思っていたのですが、ふと思いついたのはアンディ・パートリッジ(XTC)のデモ音源集"Fuzzy Warbles"シリーズだったのだから不思議です。

なんかもう、不思議としか言ってないようなレビューになってますが(笑)
現代的な、ウィアード/ストレンジなアシッド・フォークとして非常に魅力のある、聴きどころの多い作品です。
まだ6ヶ月ありますが、コレ聴かずに今年は終われませんよ!


スポンサーサイト

Félicia Atkinson "Hand in Hand"

0504_fatkinson.jpg


Artist: Félicia Atkinson
Album: "Hand in Hand"
Label: Shelter Press
Year: 2017

Tracklist
01. I’M FOLLOWING YOU (3:43)
02. VALIS (6:40)
03. CURIOUS IN EPIDAVROS (3:04)
04. ADAPTATION ASSEZ FACILE (3:46)
05. MONSTERA DELICIOSA (5:04)
06. VISNAGA (5:18)
07. A HOUSE A DANCE A POEM (10:44)
08. HIER LE DÉSERT (6:33)
09. VERMILLIONS (5:04)
10. NO FEAR BUT ANTICIPATION (7:49)


フランスの音楽家フェリシア・アトキンソンがShelter Pressより発表した新作"Hand in Hand"は、そのサウンドの前衛的な響きや楽曲構造の抽象性とは裏腹に、歌心をもったポップ・アルバムと表現しても間違いはなさそうな、不思議な風通しの良さを感じる作品となったように思います。

本作は、彼女によるモジュラー・シンセのサウンドと言葉(8曲目では女優のエリーゼ・ラデュエーÉlise Ladouéも参加)で成り立っています。
ずんやりと重々しい感覚を残す低音、ふわふわと浮かんでは消えていくアトモスフェリックなサウンド、そしてインダストリーな質感を湛えた残響や気味悪くうごめく音塊の中でつぶやかれる言葉は、完全に話し言葉でメロデイなどはなく、また、朗読のような感情のこもった雰囲気もない淡々としたもので、どこか虚ろな印象を受けることでしょう。

こう表現すると、難解な作品に思えるのですが、聴いていると案外そうでもないことに気付かされます。
確かに、アトキンソンの声は感情に乏しいがゆえに、こちら(聴き手)の感情を刺激したり、煽ったりするようなことはありません。
ただモノローグのように流れながら、左右それぞれから別々に録音されたものが発せられ、重なって幻惑的に響き、最後は夢のように消え入ります。

その言葉が載せられる土台となる音/楽曲もぽつりぽつりと途切れたと思えばまた始まり、また低音域・中音域・高音域・装飾音それぞれが無関係に鳴る、虚ろなものなのですが、繰り返し聴いている内にパルス(拍節感)というか、リズムがあるように思えてきました。
音同士が偶発的に絡まり、変化していくことで即興的な空気も強く感じられはするのですが、どことなく一本芯が通っているような気が全編通してしてくるのです。

音と音とが関係性を放棄している様には、オーレン・アンバーチの初期作("Grapes from the Estate"とか)のような感触もありますが、本作は言わばそういった作品を『ポップに再構築するなら』というifのように聴くことができます。
もちろん、全編通してある虚ろな感触が、私のアシッド・フォーキーな嗜好と合致した、という部分もあると思いますが(笑)

なにはともあれ、かなりの良作だと思います。
この界隈の音が好きな方は聴いて損はないでしょう。


The Necks "Unfold"

0210_thenecks.jpg


Artist: The Necks
Album: "Unfold"
Label: Ideologic Organ
Year: 2017

Tracklist
01. Rise (15:33)
02. Overhear (16:17)
03. Blue Mountain (20:58)
04. Timepiece (21:47)


オーストラリアの誇る即興トリオThe Necks
結成は1987年ということでなんと今年で結成30周年にもなる大御所ユニットなのですが、私が知ったのは実は最近でして、昨年の初来日に絡んで名前を見ることが多くなった、というのが切欠でした。
(一応、以前ドラマーのトニー・バックがFenneszと共演した盤を聴いたことはありましたが、The Necksの人なんて意識してもいませんでした 汗)

来日公演には行けませんでしたが、editions Mego傘下で、ステファン・オマリーが主宰するIdeologic Organより2017年早々に新作が発表されることを知ったのと、バンド自体になにか惹かれるものを感じたのもあり、ReRより数年前に出ていた過去8作を集めたBOXを年末に購入して(あとは年明けに2013年の"Open"も購入して)新作を迎える準備を着々と進めておりました(笑)
本作は1stプレスが発売前に売り切れ(eMegoのサイト見に行ったらSold Outの文字が…)てしまい、焦ってBoomkatで確保しましたが、なんとか手に入ってよかったです。(3月に再プレスがかかったようです)

さて、本作について述べる前に、まずはThe Necksの基本的なスタイルについて述べることとしましょう。
彼らが根本に有するのは「即興演奏」「ミニマリズム」の2点で、これは彼らの作品のどれを聴いても意識する要素だと思います。
ドラムスとベース、そしてピアノがストイックに反復しながら徐々にそのフレーズを変化させていき、殆どの作品において、1時間もの長い時間を使って演奏が上り詰めていく様がはっきりと聴き取れます。
これまで"Unfold"を含め10作を聴きましたが、個人的にこの方向性で最も好きなのは2003年の"Drive by"でした。
繰り返しますが本当にストイックな反復をベースとして、その上で丁寧に音を変化/レイヤーさせていくことで生じる高揚感には他では得難いものがありますし、その演奏はしなかさと共にどこかはっきりとした輪郭を持っており、クラウトロックなどとも比較できるような硬質な魅力もあったように思います。

しかしながら、彼らはその作風を2000年代後半から徐々に変化させていき、そしてそれは2010年代に入ってだんだんと顕著になっていきます。
それを私が強く意識したのはやはり後で手に入れた"Open"でした。
一聴してまず感じたのは「禅」の様な感覚というか、今までのストイックな反復によるディシプリンがもたらす明確な輪郭線が融解し、もっと抽象的で流動的な「空気」を醸しつつも意識が一処に集中するような、メディテーティヴな感覚でした。
"Open"ではメロディにラーガのようなスケールを聴き取れたため、そこに起因した印象かな、と思っておりましたが、今作ではそれがさらに突き詰められ、頂点を迎えているように思います。

なによりも変化したのは、もはや彼らは明確なフレーズの反復を行っていない、という点だと思います。
ドラムが土台となるパルス/グルーヴを発信し、そこにベースが明確なリフの反復(「リフの反復」って妙な言葉ですが 笑)でもってグルーヴを強化し、ピアノが同じく反復しつつ音響的な装飾を施す…という、反復を主体とする即興演奏におけるある種の暗黙の了解を完全に拒否しているのです。

彼らは互いの演奏、一挙手一投足にまで集中し、他の2人の演奏に最適な答えをリアルタイムで返し続けます。(もちろん、今までの作品同様オーヴァーダブでレイヤーされた部分もあるのでしょうが)
いわゆるインタープレイで楽曲を構築していく様は、(私自身はThe Necksのことをジャズ・バンドとはあまり思っていないのですが)まるでビル・エヴァンス率いるピアノトリオが(シンセやオルガンなども用いつつ)フリーミュージックを演奏したら、というifのようにも聴き取れますし、また、本作のリリース元であるIdeologic Organ絡みでは、レーベルオーナーのオマリーが灰野敬二、オーレンアンバーチと組んだNazoranaiや、あるいはメンバーの共通から灰野/オルーク/アンバーチのトリオの演奏なども(熱量自体は違いますが)思い浮かぶ気がします。

本作は彼らにしては珍しく(?)15~20分程度のコンパクトな曲が並んだ作品となりましたが、時間感覚を希釈し、逆に濃縮するような感覚は今までで最も強いように思います。
今年の新作ではかなり上位に食い込んできそうです。


Oto Hiax "Oto Hiax"

0127_otohiax.jpg


Artist: Oto Hiax
Album: "Oto Hiax"
Label: editions Mego
Year: 2017

Tracklist
01. Insh (2:29)
02. Flist (3:47)
03. Dhull (1:46)
04. Eses Mitre (6:33)
05. Creeks (5:15)
06. Bearing & Writhe (1:34)
07. Littics (2:35)
08. Thruft (3:48)
09. Lowlan (4:42)
10. Hak (3:39)
11. Hok (3:37)
12. Loyal Odes (5:47)


Seefeelのマーク・クリフォードとLoops Hauntのスコット・ゴードンによるエクスペリメンタル・プロジェクトOto Hiaxが、2011年の結成以来6年の歳月をかけ、満を持して発表したセルフタイトルの1stは、実に様々な音(正に"Oto"?)が絶妙にレイヤーされ、ミニマルに反復しながらもポップネスを滲ませる快作でありました。

お恥ずかしながら、私はSeefeelもLoop Hauntも聴いたことがないので、彼ら二人がそれらメイン・プロジェクトで聴かせる音は存じ上げていないのですが、今作に収録された楽曲においては、多くの箇所で人懐こいメロディが慎ましやかに鳴り響いているのが聴き取れるでしょう。
それらのメロディは、00年代のエレクトロニカ/電子音楽(特に、個人的に偏愛している12K)にも通じるような牧歌性を帯びていますが、(特にそれらの類の音楽がそこそこのムーヴメントを形成した際に、雨後の筍のように現れた)創意工夫の感じられない凡庸な
ユニットが漫然と羅列し、それに乗っかったリスナーが「美メロ」的に持ち上げたような安易な鳴り方はしていません。

それらメロディは決して楽曲の主要素となることなく、室内楽的で優雅なテクスチュアを持った楽音や、サイケデリック・ロック/クラウト・ロックを想起させるような軽く薄いディストーション・サウンド、ディープで透き通ったドローン、アナログシンセと思しきオールドスクールな質感の電子音、そしてゴトゴト・ゴツゴツとした具体音などと並置され、その中に埋もれ、そして時に浮かび上がります。

それらは入れ代わり立ち代わり浮かび上がっては消え、まるで万華鏡のようにサイケデリックな酩酊感を聴く者に経験させるでしょう。
さらに、随所に即興的な空気を滲ませるような展開を見せつつも、楽曲はミニマルな反復を基本的な骨子として成り立っているものばかりで、そのストイックな所作にはやはりeMegoらしい前衛的な姿勢が見て取れるように思います。

しかしながら、冒頭でも述べましたように、主要素として押し出されることなく、控えめに仕込まれた牧歌的なメロディが本作を単なる実験的な作品だけでは終わらせず、ポップネスとの両立を達成しています。
ここにある音は、最先端の、カッティングエッジなものではないかもしれませんが、非常に豊かなものだと思いますし、00年代の電子音楽の、理想的な模範解答(の一つ)と言っても、間違いはないでしょう。


Andrea Belfi "alveare"

0123_andreabelfi.jpg


Artist: Andrea Belfi
Album: "alveare"
Label: IIKKI
Year: 2017

Tracklist
01. Vano (7:38)
02. Statico (3:32)
03. Grigio (9:24)
04. Abito (5:20)
05. Passo (8:34)


近年デヴィッド・グラブスとのコラボレーションなどでも注目されているアンドレア・ベルファイの新作が、アートブックとレコードというコラボレーションによる美術作品を展開するイタリアのレーベルIIKKIの第二弾作品として発表されました。

『蜂の巣』を意味するイタリア語を冠する本作は、第二次世界大戦後のイタリアで、先進的な建築家達によって建造された巨大集合住宅(Nuovo CorvialeやRozzol Melara)をテーマにしたもので、アートブックの方はマティアス・ハイデリック(Matthias Heiderich)という方による、それら建造物の写真集となっているようです。

多くの人が住まうことができるよう、合理性を追求したと思われる巨大集合住宅は、日本で言えば都営住宅・市営住宅のようなものに似ているのではないかと、写真を見る限りでは思われます。
近未来的ではありつつもどこか画一性からくる不安を煽るような建造物の雰囲気は、湿気の多い日本ではなにか淀みが生まれ、ホラー映画の舞台として多用されるものであるのは皆様御存知でしょうが、マティアスや、そしてベルファイらイタリア人にとっては少々趣が違うようです。

このアートブックに対してベルファイは、自身による呪術的なドラム/パーカッションと、シンセサイザーによって生み出されたひやりとした音響でもって形作られた音楽を提供しています。(3及び4曲目にはゲストミュージシャンが参加)
打楽器の有機的な響きと、シンセの無機質な響きとが絶妙に和合しながらリヴァーブをかけられ、まさにマティアスがNuovo CorvialeやRozzol Melaraを表現して言うところの「無限の廊下」にて反響し続けているようにも思える音空間を作り出しています。

シンセサイザーによるドローンが描く音程の推移は、非常に弱々しくもノスタルジックな感情を喚起し、その上を舞うパーカッションや電子音はかつてそこに住まう人たちが見た夢の断片のようでもあります。
そこには、人の生活という「自然」と画一的な住居という「不自然」が同居したがゆえの、一種独特な魅力が存在するようにすら思えます。

ベルファイの音楽だけでも非常に素晴らしいのですが、アートブックの方も買おうかな、なんて迷ったりもしています。
どうしようかな…(笑)


プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
73位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。