The Best 10 Discs of Jan.-Mar. 2017

こんばんは。
4月ももう終わりということで、すでに1年の3分の1が終わるということに戦慄せざるを得ない今日此の頃、いかがお過ごしでしょうか。
今年も新譜中心のリスニングを、と言いながらレゲエ(というかジャマイカ音楽)だのサイケだの掘りたい欲が出てきてしまって少しばかり新譜がおざなりになっている状況ですが、第一四半期のベストを発表します。

どのみち年末には順位つけるので、順位なしで10作品、という紹介にします。

The Necks "Unfold" (Ideologic Organ/LP)
0210_thenecks.jpg

Taylor Deupree "Somi" (12K/CD)
0203_taylordeupree.jpg

Gábor Lázár "Crisis of Representation" (Shelter Press/LP)
0112_gaborlazar.jpg

Oto Hiax "Oto Hiax" (editions Mego/LP)
0127_otohiax.jpg

Andrea Belfi "alveare" (IIKKI/LP)
0123_andreabelfi.jpg

Arto Lindsay "Cuidado Madame" (P-Vine./Ponderosa/CD)
0106_artolindsay.jpg

Helm "Rawabet" (A L T E R/Cassette)
0103_helm.jpg

Phronesis, Julian Argülles & Frankfurt Radio Big Band "The Behemoth" (Edition Records/CD)
0331_phronesisetc.jpg

Basic Rhythm "The Basics" (Type Recordings/LP)
0324_basicrhythm.jpg

The Bug vs. Earth "Concrete Desert" (Ninja Tune/CD)
0324_thebugvsearth.jpg


全体的にテクノ/エレクトロニカ/電子音楽にモードが傾いております。(その割に旧譜はサイケとかレゲエ、というのもまた不思議)
まだレビューが間に合っておりませんが、PhronesisやBasic Rhythmは相変わらず高レベルな内容で非常に良かったですし、トラップ/グライムmeetsストーナー/ドゥーム/ドローンというフォーマットでの決定的なコラボとなったThe Bug vs. Earthも素晴らしく、昨今のNinja Tuneの尖りっぷりがよく現れていると思いました。
あと個人的に嬉しかったのはテイラー・デュプリーやOto Hiaxの作品などに00年代初頭の頃のエレクトロニカっぽい雰囲気が強く感じられたことです、10年以上経ったことで、また揺り戻しがくるのかも、と予想しています。

その他、Son Luxのサポートを一身に受けて充実した作品となったyMusic、いかにもこの2人らしいコラボ作となったカセル・イェーガージム・オルークの共作、あるいはクレイグ・テイボーンの久々のECM作品やティグラン・ハマシアンのソロ、SubtextやEntr'acteといった尖ったレーベルからディストリビュートされたジョシュア・サビンフィル・ジュリアンといった電子音響作家の新作、そして水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバムなど、素晴らしい作品が目白押しで、今年の年間ベストも混戦が予想されます。

とりあえず、近況報告代わりに。
PhronesisやBasic Rhythmのレビューもいずれしたいと思ってますのでお待ちください!
スポンサーサイト

The Most 10 Discs of 2016

2016most.jpg


さて新譜/再発モノときてラストは旧譜ベストということで、2016年の総まとめも漸く終了です。
新譜中心のリスニングだったこともあり、あまり旧譜は聴けていないのですが、5枚ずつコメントを入れて発表させていただきます。(( )内は発表年または発売年)

David Bowie "Scary Monsters" (1980)
Pierre Boulez "Le Domaine Musical 1956-1967" (2015)
Prince "Lovesexy" (1988)
Tony Conrad with Faust "Outside the Dream Syndicate" (1972)
冨田勲 "月の光 Ultimate Edition" (1974/2012)


昨年は様々なミュージシャンが亡くなった関係もあり、それらミュージシャンの作品を聴くことが多かったように思います。
ボウイプリンス(殿下)はここ数年離れていたのですが、ディスコグラフィを聴き返す切欠が彼らの死であったということに申し訳無さを感じつつ、やはり素晴らしい、良質な作品を何枚も残したレジェンドであったと改めて実感しました。
ボウイについては新作"★"も素晴らしかったですし、改めて聴いた中では"Hunky Dory"などにも心惹かれましたが、やはり個人的な偏愛盤を、ということで1980年作の"Scary Monsters"を。特に、'Ashes to Ashes'は自分のキャリアをメタ的に、アートに昇華してしまうという彼の技法の最たる名曲であり、彼が自分の死を(不確定要素はあったとしても)アートとしてしまったことに通底するのではないかと思います。
殿下の方は新作を聴けなかった(罰当たり)のですが、改めて聴き直した中ではやはり"Lovesexy"が最高傑作かな、という結論にいたりましたので選ばさせていただきました。
さらに、2016年の訃報で改めて初期のドメーヌ・ミュージカル時代のBOXに触れることができたブーレーズ、元素記号表レーベルのデラックス・エディションを持っていたので購入は見送りましたが、改めて再発のなされたトニー・コンラッド、そして聴こう聴こうと思いながら聴けていなかった冨田勲など、改めて、素晴らしい芸術家達が何人も亡くなり、一時代の終わりを感じさせる一年であったと思います。
ここに作品を挙げていない方も含め、改めてご冥福をお祈りいたします。


Grateful Dead "Blues for Allah" (1975)
菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール "戦前と戦後"(2014)
KOHH "Dirt" (2015)
水曜日のカンパネラ "ジパング" (2015)
THA BLUE HERB "Stilling, Still Dreaming" (1999)


そして、昨年になってようやく手を出した作品も数多くありました。
年始辺りから日本のHIPHOPにちょろちょろ手を出しており、キングギドラなど王道なところから抑えていっておりましたが、THA BLUE HERBのヒリヒリとした緊張感にはまずやられましたし、好評は聴いておりましたが宇多田ヒカルの新譜への参加もあってやっと聴いたKOHHも、リアルな閉塞感や諦念がパッケージされた鬼気迫る作品だったと思います。
そんな中、HIPHOP枠に入れていいかどうか分かりませんが水曜日のカンパネラにもハマり、ギャグすれすれ(というかギャグ)の言葉と以外にシリアスなトラックのギャップを楽しみました。
他には、2016年の新譜として出たコンピ"Day of the Dead"に触発されて改めて未聴作品にアプローチしたThe Grateful Deadや、ふと聴いた菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラールなども素晴らしい作品でした。


こうやって見ると邦ミュージシャンが多いですね。
やはり個人的に未開のジャンルだった邦HIPHOPに手を出したのは大きかったのかもしれません。

今年の旧譜はどうなるか、と思いますが、年始から突如カンタベリー・ミュージック(というかソフツ)がキテるのでそっち関係から掘り下げることになる…のかな?
何にせよ、素晴らしい旧譜との出会いも、新譜同様期待したいと思います。

改めまして、本年もよろしくお願い致します!

The Best 10 Reissues of 2016

2016reissue.jpg


さて、昨年のリイシューからのベストです。
新譜中心だったのでそれほど多くは購入しておりませんが、結構重要な再発が多かった印象です。


01. La Monte Young & Marian Zazeela "The Theatre of Eternal Music: Dream House 78' 17""
02. Nurse With Wound "Thunder Perfect Mind"
03. Slum Village "Fantastic Box"
04. Frank Zappa & The Mothers of Invention "Meat Light: Uncle Meat Project/Object"
05. XTC "Skylarking"
06. 鈴木慶一とムーンライダーズ "火の玉ボーイ 40周年記念デラックス・エディション"
07. The Pop Group "For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?"
08. V.A. "Dread Operator"
09. binaria "10th Anniversary Box"
10. Public Image Ltd. "Metal Box"



あまり順位をつけるつもりは無いのですが、ラ・モンテ・ヤングとマリアン・ザジーラによる1974年の"Dream House 78' 17""のリイシューは間違いなく今年の最重要案件だったのではないでしょうか。
デジタルのDL込のLPリイシューということで、Aguirre Recordsは非常に丁寧な、質の高い再発をしてくれたと思います。

そして、年末に飛び込んできたNurse With Woundの1992年作"Thunder Perfect Mind"も素晴らしかったです。
ビートとテクノイズが交錯するNWW流テクノとでもいうべき刺激的な音に併せ、相変わらずの悪趣味音響世界が繰り広げられる、ジャケット通りの悪徳の宴的な雰囲気が正に年末のインダストリアルな気分に非常にマッチしました。
ちなみに、Current 93がNWWと申し合わせて同年に発表した同名の作品もさり気なくリプレスされたらしく、bandcampのページなどでフィジカル(CD)が購入可能です。
こちらは80年代後半以降のアポカリプティックフォーキーな作風の中でもとりわけ傑作と言うべき説得力を感じさせる作品で、NWWと併せて楽しめることは間違いないでしょう。

また、箱モノではSlum VillageのFantasticシリーズをまとめた4CD+5EP(12")、80年代初頭にエイドリアン・シャーウッドが関わったOn-U作品をまとめた"Dread Operator"、binariaの結成10周年を記念して発表された過去のEPをまとめたBOX、そしてPiLの名作"Metal Box"のデラックス再発(届いたのは今週ですけど…)などがあり、"Metal Box"(イコール"Second Edition"と考えれば、ですが)以外はいずれも個々数年入手困難だった作品群がまとめて手に入るということで非常に嬉しい再発でもあったように思います。

その他、2012年の再発時には承認マスターが用いられており、今回漸く発表当時のヴィニールMixにて再発されたザッパの"Meat Light: Uncle Meat Project/Object"や、毎年恒例となった感のあるスティーヴン・ウィルソンによるXTCの5.1chリミックス(今回は"Skylarking")など、入手自体は難しくなくとも、新たなMixでリイシューされたもの、箱モノ同様入手困難だったThe Pop Groupの"For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?"なども多くの方の興味をそそる再発だったのではないかと思います。

あとは、個人的に今年はムーンライダーズの年でして、3月はT.E.N.Tレーベル時代("Animal Index"、"Don't Trust Over Thirty"、"The Worst of Moonriders")、のBOXが、10月にはライヴ(高松)が、そして12月には初期の鈴木慶一とムーンライダース名義の"火の玉ボーイ"とCrown時代のBOXが、と非常に再発&イベントてんこ盛りで地味にライダーズ漬けな一年だったようにも思います。
中でも"火の玉ボーイ"はとっとと手に入れておかなかったことを後悔したくらいに素晴らしい作品だったのでここに挙げさせていただくことにしました。

こんな感じで昨年のリイシューベストとさせていただきます。
今年も好リイシューを楽しみにしております!

The Best 20 Discs of 2016

2016allbest.jpg

ついに大晦日、ということで今年も残す所あと24時間を切りまして、皆様いかがお過ごしでしょうか。
なんとか年内に今年のベストを選出いたしましたので発表したいと思います。

5作品づつ挙げながら簡単にコメントしていきます。
なお、今回から作品名の後ろに購入したフォーマットも記載しておきます。
まずは20~16位。

20位 フレデリック "フレデリズム" (CD+DVD)
19位 Various Artists "The Colorado: Music from the Motion Picture" (CD)
18位 Darcy James Argue's Secret Society "Real Enemies" (CD)
17位 TAMTAM "NEWPOESY" (CD)
16位 Thomas Brinkmann "A Certain Degree of Stasis" (CD)

毎年のことですがこの辺りは混戦でした。
今年は(偶数年は良い新譜に出会いづらいという個人的なジンクスに反して)豊作であったがゆえに、どの作品が入ってもおかしくない状況でして、泣く泣く選外とさせていただいた作品がかなりあります。
ここに出ている5作品はその中でも印象が強かったもの、ということになりますが、TAMTAM&フレデリックの邦ロック/ポップス勢は、タイトでまとまりのある前者と、インディーズから今までの成果をてんこ盛りにした後者ということでどちらも充実の作品だったと思います。
ブリンクマンは2作リリースしたどちらもが力作で、eMegoからの"A 1000 KEYS"も捨てがたかったのですが、説得力というか風格という点ではこちらに軍配です。
また、今年の個人的なトピックとしてはインディークラシック/New Amsterdam Recordsを強くフォローしてきたことが挙げられますが、そちらからはラージアンサンブルでジョン・ゾーンも思い起こさせるスリリングな作品を作り上げたダーシィ・ジェイムス・アーギューと現代的な合唱の妙を魅せつけてくれたRoomful of Teethを選出させていただきました。

続いて15~11位。

15位 D/P/I "Composer" (CD)
14位 Raime "Tooth" (CD&LP)
13位 He Was Eaten By Owls "Chorus 30 From Blues For The Hitchhiking Dead" (CD)
12位 Sendai "Ground & Figure" (LP)
11位 Joanna Wallfisch "Gardens in My Mind" (CD)

ここらあたりから自分の嗜好がはっきりと反映されてき始めているような気がします。
ポストパンク的な尖った音像で現代的な実験音楽やベース・ミュージックを鳴らしたD/P/IとRaime、多層的かつラグジュアリーとすら言えそうなほどに丁寧にレイヤーされた音響と、そのテクスチュアを存分に聴かせつつもフロア的なリズムプログラミングも巧みに溶けこませたSendai、そしてピアノ(ダン・テファー)とのデュオに弦楽四重奏を加え再構築したジョアンナ・ウォルフィッシュと力作揃いです。
そして、中でも特に取り上げたいのは13位のHe Was Eaten By Owls。マスロック×チェンバーミュージックというすごく有り得そうでありながら、なかなか「これこそ!」というものがなかった部分で名作といえるものがようやく出てきたのかな、という気持ちです。
ちなみに、RaimeをCDもLPも所有してるのはレーベル側の手違いで両方手に入ったからです。(ちゃんと連絡済み。もらっといて、とのことでした 笑)

続いて10~6位。

10位 Eyolf Dale "Wolf Valley" (CD)
09位 Second Woman "Second Woman" (LP)
08位 Claire M Singer "Solas" (CD)
07位 Basic Rhythm "Raw Trax" (LP)
06位 Lourenço Rebetez "O Corpo de Dentro" (CD)

まず、ラージ、とまで行かずともある程度大所帯のスモールコンボで豊かなサウンドを残してくれたローレンソ・ヘベッチスとアイオルフ・でイルが両者ともランクインしています。
アート・リンゼイをプロデューサーに招き、現代ジャズのリズムワーク的な側面にフォーカスして先鋭的な作品作りをした前者と、北欧らしい透明感と叙情性にあふれたメロディをしっかりと支えるアンサンブルが豊穣な印象を残す後者とで、方向性は違いますがアレンジメントの重要性を改めて提示しているととることもできるかもしれません。
ダブ/ベースミュージックの流儀に則って素晴らしい作品を残してくれたのはアンソニー・J・ハートによるBasic Rhythm(A.K.A. Imaginary Forces)と元telefon tel avivのジョシュア・ユースティスとBelongのターク・ディートリッヒによるSecond Womanです。
まるでデトロイトテクノに立ち返ったかのようなストリート感覚にあふれた前者と、往年のautechreも思わせるようなIDMっぽさが今の時代逆に(?)新鮮だった後者と、こちらも対称的ですが両作品とも非常に面白かったと思います。
そして2枚組の重厚かつスピリチュアルな作品で素晴らしいデビューを飾ったクレア・M・シンガーも忘れてはいけませんね。

では、最後に5~1位を。

05位 Moe and ghosts × 空間現代 "RAP PHENOMENON" (CD)
04位 tricot "KABUKU EP" (CD)
03位 Natasha Llerena "Canto Sem Pressa" (CD)
02位 Kassel Jaeger, Stephan Mathieu & Akira Rabelais "Zauberberg" (LP)
01位 Phronesis "Parallax" (CD)

かねてより申しておりましたとおり、1位はPhronesisの"Parallax"です。
ピアノ/ベース/ドラムの3者が平等に曲を持ち寄り、遠慮なく互いを挑発し合い、サポートしあう演奏を行うことで生まれた素晴らしい傑作です。
同様に素晴らしいのは2位のカセル・イェーガー/ステファン・マシュー/アキラ・ラベレーによる共作"Zauberberg"です。
正直どちらが1位でもおかしくないというか、同率1位にしたいくらいなのですが、個人的なルールとして同率は設けないことにしてますので泣く泣く2位にさせていただきました。
そして、先述のクレア・M・シンガーと同様今年度の最優秀デビュー作と言えそうなのが3位のナターシャ・レレーナ。
資金調達がうまく行かなかったようでCD-Rでのリリースとなったようなのは残念です。いくらか寄付しようかと思いましたが私のクレカやPaypalでは送金が出来なかったので悔しいですが、本作の素晴らしさ/豊かさは保証しますので、皆でCD-R買ってサポートしましょう。もちろん、CDで再販されたら買い直します。
そして邦楽勢からは昨年ベストに選出させてもらったtricotの新作EPと、Moe and ghostsと空間現代によるコラボ作がランクイン。
tricotはとにかく、本当にいい曲書いてます。次のアルバムえらいことになるんじゃないかな、と期待しっぱなしです。
Magと空間現代は両者の魅力が完全に混ざり合ってしまうことなく、むしろちぐはぐさも残しながら併存している、ロック×HIPHOPとしても象徴的な作品だったと思います。

今年は新譜中心の購入、そして、聴いた作品は必ずレビューという縛りを設けてやってきたことで本blogの更新も(玉石混交ながら)ゴリゴリとやれて充実感がありました。
新譜レビューの方は後半色々あったこともあって最後までやりきれなかったのは心残りではありますが、来年も心機一転、更新頻度をある程度保ちつつ、記事の質ももっとアップさせていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

最後に、今回選出した20枚から1曲づつ選んでMIXを作りましたので、よければお楽しみください。
それでは皆様、良いお年をお迎えください!

The Best 10 Discs of Jul - Sep. 2016

まだ未レビュー作も結構あるんですけど、流石に四半期ベストが遅くなりすぎるとちょっとおもしろくないかな、と思ったので先に更新しまする。
ちょっと最近リアルでバタついてて更新頻度落ちてますが、音楽は聴いてますのでご安心を。(気がつけば"Zauberberg"ばっか聴いちゃってますけど 笑)

10位 TAMTAM "NEWPOESY" (P-Vine)
tamtamnp.jpg
冒頭のドラムですでに名作な雰囲気が香る作品ですし、その通り名作だと思います。
アーシー/スモーキーな空気を醸しつつ、'星雲ヒッチハイク'や'自転車ジェット'ではセンチな雰囲気も香らせる、まさに日本のダブ/POPバンドとしてまず最初にあげられるような作品になっていくんじゃないかな、なんて期待してみたり(笑)

09位 宇多田ヒカル "Fantôme" (Universal Music)
utada-fantome.jpg
6年ぶりの新作ということで、リアルタイムでは初めて彼女の作品にまともに触れましたが、アーティストとしての、そして一人の人間としての彼女がかなりストレートに表現された、まごうことなきSSWの作品に仕上がったと思います。
とにかく最後の'桜流し'が圧巻ですが、個人的にはやはり'ともだち'、'荒野の狼'あたりが好み。

08位 Hamasyan, Henriksen, Aarset & Bang "Atomosphères" (ECM)
hhabatmospheres.jpg
ヨーロッパのジャズ・ミュージシャンがアンビエントをやったら、というifに見事に応えてくれた印象ですし、いかにもECMらしい作品でもあったと思います。
個人的には"Zauberberg"系というか、あちらがドイツの高原というか山であれば、こちらは北欧/東欧の霧の深い山奥かな、という感じ?

07位 D/P/I "Composer" (Shelter Press)
dpicomposer.jpg
初D/P/Iにしてこの名義では最終作ということで、すれ違い感すさまじいですが(汗)、とても良かったです。
プログラミングを利用した作曲で、人の意図が(ごくわずかにしか)介在しないことで生まれるドライな雰囲気が電子ノイズの攻撃的なテクスチュアとよくマッチしていました。

06位 Jasper Høiby "Fellow Creatures" (Edition Records)
fellowcjh.jpg
第二四半期のベストにも選んだPhronesisの新作ではメンバーが均等に曲を持ち寄っていましたが、満を持してのソロデビューということで彼のコンポジションを存分に楽しめる作品だったと思います。
ヨーロピアン・ジャズというかほのかに香るトラッド臭がとてもいい感じで、真っ当に「ジャズ」として良作だと思います。

05位 坂本慎太郎 "できれば愛を(Love If Possible)" (Zelone Records)
lipss.jpg
スライになぞらえれば前作が"There's Riot Goin' on(暴動)"で今作は"Fresh!"かな、という印象。
派手さはなくとも、しっかりと練り上げられていて、ソロでの音楽的な成熟も感じさせる好盤でした。

04位 Steve Lehman "Sélébéyone" (Pi Recordings)
stevelehmanslebeyone.jpg
初リーマンでしたがとにかくかっこよすぎました。
何よりグラスパートリオでは手を抜いてたんじゃないか(失礼)ってぐらいダミオン・リードのドラムはやばいし、それによりリーマン/マチェクのドルフィーライクなサックスもよりカッティングエッジな響きに昇華されてると思います。

03位 Joanna Wallfisch "Gardens in My Mind" (Sunnyside Records)
gimmjw.jpg
グラミーのベスト・フォーク・アルバム部門にノミネートされたとのことで、もし受賞なんてはこびになれば一気にブレイクするんでしょうか?
何にせよ、ダン・テファーと作り上げたデビュー作にストリングス・アレンジを加え、ジャジーなメロディ/ハーモニーをクラシカルなテクスチュアで彩った、SSWとしての力作です。
ティム・バックリィやジョニ・ミッチェルあたりのカヴァーにちょっとルーツっぽい部分を感じるのも好感触でした(笑)

02位Thomas Brinkmann "A 1000 KEYS", "A Certain Degree of Stasis" (editions Mego, frozen reeds)
brinkmann1000keys.jpg brinkmann-acdos.jpg
ちょっぴり反則気味の2作ランクイン。
ゴリゴリのミニマルとドローンという相反する、しかし底の部分でつながっている作風によりさすがの貫禄も感じさせつつ、同時に攻めてもいるという点で今非常に旬なミュージシャンと言ってもいいのかもしれません。

01位 Natasha Llerena "Canto Sem Pressa" (Self-Product)
nllerenacsp.jpg
もう素晴らしすぎるプラジリアン・ポップス作。
20代半ばの新人とのことですが、アフロ志向のリズム、アルゼンチン~ブラジル的なハーモニーとがしなやかに絡み合い、本人の美貌とも相まって(笑)美しい色気を感じさせる作品として仕上がっています。


リスト見ながら考えてぱっと思いついた感じで並べてますが、正直まだあと3ヶ月ありますのでこの後どうなるか分かりません。
年明けには第四四半期(10~12月)、下半期(7~12月)、年間の3つを発表しますので、色々とお楽しみに!
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR