PITA "Get In"

pitagetin.jpg


Artist: PITA
Album: "Get In"
Label: editions Mego
Year: 2016

Tracklist
01. Fvo (2:45)
02. 20150609 I (2:52)
03. Aahn (7:16)
04. Line Angel (7:33)
05. S200729 (6:14)
06. 9U2016 (4:13)
07. Mfbk (10:10)


かつて大友良英さんはピーター・レーバーグことPITAやMego(eMegoの前身)の音楽について、「電子楽器や即興演奏によるパンク(They were like punk rock, doing punk things with electronic and improved music.)」と評したそうです。
確かに、近代のエレクトロニカ~電子音楽~ノイズにおけるランドマーク/金字塔として名高い名作"Get Out"は、今になって思えば、ひたすらグリッチーな音の奔流に溺れるような衝動的な部分があったように思えます。

とにかくノイズを出すことが、変化させることが楽しく仕方がないといったような、無邪気さや乱暴さがあの作品には充満していましたし、そしてなによりも名曲である3曲目では、この上ないほどエモーショナルな和声推移を唐突にグリッチ・ノイズと変貌させるという、非常にストレートな部分を衒いなく見せていたのです。

しかし、それから17年の歳月が過ぎて彼にも当然変化があったのでしょう。
フルレングス作品としては2004年の"Get Off"以来実に12年ぶりの新作"Get In"において、彼は自身の音楽を客観的な視点から分析しながら構築しているような印象を受けます。

アルバムはディープで美しいドローン/音響作品'Fvo'で幕を開けます。
続く'20150609 I'ではお得意のグリッチサウンドを暴れさせますし、'Aahn'は昨年トーマス・ブリンクマンが発表した"What You Hear (Is What You Hear)"に収録されていてもおかしくないような、ひたすらマシニックに反復しながら蠢くパルス音が印象的なミニマルナンバーです。
'Line Angel'ではキラキラとした美しい音響を聴かせ、'S200729'ではアシッドなベースラインが'Get Out'の3曲目よろしく突如グリッチノイズの海に沈んでいく様が聴取できます。
そして再度グリッチサウンド主体の'9U2016'の後、驚くほど優しい'Mfbk'で今作は幕を閉じます。

このような具合で、7曲という少ない曲数ながら、今までの作品に比べ非常にバラエティ豊かなサウンドが展開されています。
そして、それらは単に単一のテクスチュアを1曲の間聴かせるというものでなく、そこに別のノイズや具体音、音響などを重ねて多層化し、楽曲中で各要素を前景化/後景化させながら聴き手に提示するという、非常に構造的な所作が見て取れるのです。

ブリンクマンに通底する3曲目が分かりやすいですが、執拗に反復するパルス音の向こう側では常に別の音が鳴り続け、更には有機的に変化を見せていることに気がつくでしょう。(最終的には地獄の釜が開くかのような恐ろしい音響と化していきます)
経時的に見ればミニマルなパルス音はもとより、かなりアブストラクトに変化しているバックの音についても何ら構造は見いだせませんが、そうではなく同時的な音の重なりに、最早カラフルと言ってもいいほどの立体感を感じるのです。

ここには、彼が99年以降ソロと並行して行ってきた、KTLやFenn O'Bergを始めとした、他者とのコラボレーションからの経験が反映されているのではないかと想像します。
他者の音と、自分の音との中に関係性を見出しながら楽曲という形にまとめていく作業/方法論は、彼の中により「音楽的」な要素を芽生えさせたのかもしれません。

そして今回彼は意識的に自身の音を客観視し、改めて楽曲を構築しています。
かつて見せていた、音のテクスチュアの変化を嬉々として放出する「ノイズにおけるパンク」という姿勢はここにきて変貌し、どこか醒めた感覚で持って自身の音を解体/再構築する、ポスト・パンク的なモノと化しているような印象を受けます。
その姿勢がもたらした成功は、あの名曲の方法論を援用した'S200729'をぶつ切りで終わらせることなく、霊的なアウトロを追加したうえ、10分を超える音響トラック'Mfbk'に神秘的とすら言える透明さを付与することで証明されていると言えるでしょう。


スポンサーサイト

Paul Jebanasam "Continuum"

continuumpj.jpg


Artist: Paul Jebanasam
Album: "Continuum"
Label: Subtext Recordings
Year: 2016

Tracklist
01. depart as | air dx stop ∂ρ/∂ /dt somewhere = +∇∙(ρ sigma*(y waiting ­x) v)=0∂ρ/dy/dt for = you x dim (15:14)
02. eidolons beginning p = (m2Abeta* do not z countless2 am to (rho­z)­y ∂t+(ρ see to wait dz/dt = it xy that I ­ (10:05)
03. search another 3Hφ ̇ = lose you i), place i=0 doubt I V (φ) am ∝ exp( √ 16πmeet you again pm2P φ (16:09)


スリランカ出身の電子音楽家ポール・ジェバナサムの新作が、自身も主宰者の一人に名を連ねるSubtext Recordingsより今月頭にリリースされました。
かつては相棒のロリー・ポーターと共にダブステップなどのプロデューサーとして活動していたようですが、現在は主にノイズやドローン、そして(ポスト・)クラシカルな要素を複合した作風で、エクスペリメンタル系のミュージシャンとして認識されているようですね。

レーベルの解説によれば本作は、「現在宇宙に存在する生命・力・エネルギーを探求するためにサウンドを展開していく明確なヴィジョン」であり、「宇宙における不可知の曲折を通じ、有機生命の根源的な現出(誕生?)から[今まで]伸びている時間軸に対する思索的なサウンドトラック」であり、そして「科学が範囲内とできるものの広大さと、広大な進化の体系の中で人類が果たしてきた/果たすべき不安定な役割とを探求する」ものであるという大変に難解なものなのですが、私なりの理解で乱暴に言ってしまえば「宇宙に存在する生命(・力・エネルギー)の進化や発展そのもの、あるいはそれが現在までに描いてきた過程の広さと深さ=素晴らしさ」みたいなものを表現したいのではないかと思います。
(楽曲のタイトルについては数式の意味が分からないのでパスで…)

聴き始める前からあまりの難解さに頭がクラクラしそうですが(笑)、中身の方はそのような難解さはなく、むしろ聴き手の耳/心を強力に掴んで離さない魅力を持った、懐の深い作品であると思います。

本作の音楽的な構造は至ってシンプルです。
楽曲は主に、(1)通奏低音として鳴らされるドローン/音響と、(2)電子ノイズ、そして(3)ビートという3つの要素で構成されています。
基本的にはその3つの要素を巧みに前景化/後景化させること(=パワープレイ)で成り立っているのが本作なのです。

(1)は楽曲ごとに様々な音色が用意されています。1曲目ではパイプオルガン、2曲目ではストリングス、3曲目では神聖なコーラスを模したと思われるものですが、全てにおいて美しい、あまりにエモーショナルな音程の推移を見せており、本作の美的な部分を底支えしています。

そして(2)は非常にキレのある鋭いものばかりであるうえ、まるで生き物のように燻り、うねり、咆哮を上げ、あるいは引きつるという有機的な所作を見せていますし、(3)は打音としての確かな衝撃を持ちながら加速と減速を繰り返し(特に3曲目冒頭に顕著)ていきます。
どちらにしてもかなり力強い、ダイナミックなもので、本作の目的である生命や、それが宇宙で今に至るまで発展してきた過程の神秘を如実に物語っています。

感覚的には(1)は神や創造主など(本当にいるかはさておき)が持つメタ的な視座から受ける雄大な印象を、(2)や(3)では個々の出来事が持つミクロな動きなどを表現したいのではないかと感じます。

というか、もう有り体に言ってしまえばBBC Earthとかでめっちゃ使われてそうな音楽です。(言っちゃった)
とても雄大なスケール感を持った、美しく、(決してアッパーではありませんが)ポジティヴな作品だと思います。

ノイズと美しい音響、ビートの対比という点ではベン・フロストの2014年の名作"AURORA"などを思い出しますね。
あとはフェネスなどが好きな方にもオススメできますので、その手の音楽が好きな方は是非聴いてみてください。


Ben Frost "AURORA"

ben_frost_aurora.jpg


Artist: Ben Frost
Album: "AURORA"
Label: Mute/Bedroom Community
Year: 2014

Tracklist
01. Flex (2:51)
02. Nolan (6:58)
03. The Teeth behind Kisses (3:13)
04. Secant (4:55)
05. Diphenyl Oxalate (1:31)
06. Venter (6:45)
07. No Sorrowing (4:27)
08. Sola Fide (6:27)
09. A Single Point of Blinding Light (3:18)


00年代中盤にダブ・ステップが流行してからというもの、「ダブ」は今日のポップ・ミュージック界における一大キーワードとして注目され、ミュージシャンたちはそこから生まれる残響を元に様々な風景を描きました。
そして、それから10年近くが経とうとする今年になり、そのダブの生み出す音響への欲求が行き着くところまで行き着いてしまったかのような衝撃作が発表されました。
オーストラリア生まれ、現在は北欧(アイスランド)を拠点に活動しているプロデューサー ベン・フロストによる新作"AURORA"こそがまさにそれです。

そもそも、ダブ・ステップ以降の音の流れとして昨年あたりから注目されていた「ポスト・インダストリアル」というサブジャンルがあります。
暗黒ミニマル・ダブな作風で知られるアンディ・ストットなどがその筆頭として目されるようですが、ベン・フロストも一応このくくりで語られているようです。

ダブによる音響が、インダストリアル的なメタリックな質感を伴った音と親和性が高いことは、ダブそのものが注目されだした70年代後半~80年代にしてすでに自明のことでした。
それはEBMを始めとしたダンス・ポップの流れへと一部で発展し、メタリックな音像と蠢くようなノイズ、そしてゴシカル/耽美的または俗悪なモチーフの交じり合った特異なシーンを形成しました。(ここからさらにニュー・ロマンティックなどに連なる)
近年のダブ再興の流れが、最終的にこういった「インダストリアル」な音像に接近していく、というのはある意味当然の流れだったのかもしれません。

しかし、そこにはやはり00年代以降のコンテンポラリーな感覚が内包されているように思います。
それは、ノイズやドローンなどの音響からその先にある(?)純粋な、透き通ったニュアンスを掬い取る感覚です。
00年代(または90年代末)以降のノイズやドローンは、それまで扱われてきたようなアヴァンギャルドなサウンドスタイルというだけでなく、それ固有のニュアンスを表現することができる表現形態として取り扱われるようになり、様々なミュージシャンが様々な方法論で持ってその表現の裾野を広げてきたことは明らかですが、この「インダストリアル」な、ノイジーな音像にも、その感覚が反映されています。

思えば、まずリスナーの耳を惹くであろう2曲目'Nolan'の、突如耳をつんざくノイズの先には、まるでPitaが99年に発表した名作ノイズ"Get Out"の3曲目のような、郷愁にもにたメランコリィが潜んでいます。
そこには北欧らしい透き通ったニュアンスが想定されているように思いますし、メタリックなリズムトラックはその「冷たさ」をより強調ししています。まさにタイトル通り「オーロラ」の如き響きです。
他にも、軋み蠢くようなノイズから突如美しいメロディが立ち上ってくる様子にはフェネスとの類似点を指摘できるかもしれません。

「ポスト」というよりはむしろ突如「先祖返り」したかのような音像を持ちながら、コンテンポラリーなノイズの発展史がもたらしたものもしっかりと反映されている、とても不思議な質感を持った作品です。
ある意味ではダブ/インダストリアル/ノイズという3つの様式を現代的な感覚で持って統括した音楽と言うことができるかもしれません。こんなのが突如出てくるんですからやはり音楽を聴くのは辞められませんね(笑)

(個人的には、エイドリアン・シャーウッドあたりと組んで何かやってくれると面白そうだなんて思ってます。)






Aurora [帯解説・ボーナストラック収録 / 国内盤] (TRCP162)Aurora [帯解説・ボーナストラック収録 / 国内盤] (TRCP162)
(2014/05/21)
Ben Frost、ベン・フロスト 他

商品詳細を見る

Current 93 "Of Ruine or Some Blazing Starre"

current.jpg


Artist: Current 93
Album: "Of Ruine or Some Blazing Starre"
Label: Durtro
Year: 1994

Tracklist
01. A Voice from Catland (0:22)
02. Steven and I in the Field of Stars (2:56)
03. The Teeth of the Winds of the Sea (7:15)
04. Moonlight, You Will Say (5:19)
05. Into the Bloody Hole I Go (1:01)
06. The Darkly Splendid World (0:51)
07. The Cloud of Unknowing (7:28)
08. Let Us Go to the Rose (5:17)
09. All the World Makes Great Blood (3:55)
10 The Great, Bloody and Bruised Veil of the World (4:17)
11. Into the Menstrual Night I Go (1:14)
12. Dormition and Dominion (6:19)
13. So: This Empire Is Nothing (1:08)
14. This Shining Shining World (2:51)


とあるジャンルで活躍したミュージシャンが、ある時を境にその音楽性をガラリと変えるということは、多くのファンや部外者にとって衝撃的であることが多いような気がします。
そして、Current 93ことデヴィッド・ティベットほどその音楽性を大きく変化させたミュージシャンはそうはいません。

初期には"Nature Unveiled"などのゴシック・インダストリアル/パワー・アンビエントな作風や、「通りゃんせ」の不気味なサンプリングを含む悪趣味な音響作品など、俗悪の限りを尽くしたような音楽性を発揮していた彼は、80年代の後半あたりに幽玄なるフォークへとその音楽性を変化させました。

フォークとは言うものの、その音楽には初期から変わらぬ不気味さ、孤独、終末感などがつきまとい、多くのリスナーをして『アポカリプティック・フォーク』と呼ばれるようになります。
まずもってこの音楽を特徴づけるのは、トラッド由来のものと思われるアコースティック・ギターやグロッケンシュピールの旋律です。アルペジオなどを用い淡々と単音を紡ぎ構成されるラインが重なるその様は驚くほどバロック的です。
コードとしての和声ではなく、あくまで同時進行する複数旋律間の齟齬を解消するといった意味合いでの、対位法的な和声概念が図らずも導入されていることがその響きのバロック性の根源かと思われますが、彼はそれをもってトラッド的な旋律を奏でることで中世ヨーロッパ的な神秘性を楽曲に付与しています。

そして演奏のバックには、初期のサウンドに見られたラディカルさを昇華したかのような、幽玄なドローン(タンブーラのようにも聴こえます)や音響、ヴォイス・サンプルなどが巧みに配置され、楽曲そのものがどこか異次元のものであるかのような幻想的なものとして成立しているのです。

そこにのるティベット自身の声は、相変わらずアジテーティヴです。
しかし、初期の暴力的なサウンドに飲み込まれたキッチュな響きはそこになく、新たなサウンド・フォーマットと組み合わさることで何かを呼び寄せるかのような、儀式的かつ狂気的なものへと大きく印象が変わっています。
確かに音楽に合わせて、叫びなどは減り、ウィスパー・ヴォイスのように歌い方そのものが変化している部分もありますが、それでもなお彼の声の印象をここまで変えたのは、バックの練りに練られた演奏に他なりません。まさに「司祭」の如き声です。

このアルバムは、そういった彼の作風が存分に堪能できる一作と言えます。
フォークという表層だけを汲み取り「素朴なサウンド」などと評価する向きも見受けられますが、実際の所、彼の持つ儀式性というのは初期よりも一層洗練され、過激とすら言えるほどです。
どこまでも深い闇のようなサウンドは、インダストリアルのラディカルさを通過して生まれ変わったアシッド・フォークととることもできるかもしれません。ぜひご一聴を。






Of Ruine Or Some Blazing StarreOf Ruine Or Some Blazing Starre
(2007/10/16)
Current 93

商品詳細を見る

Ministry "Twitch"

ministry - twitch -


Artist: Ministry
Album: "Twitch"
Label: Sire/Warner Bros. Records
Year: 1986

Tracklist
01. Just Like You (5:03)
02. We Believe (5:56)
03. All Day Remix (6:03)
04. The Angel (6:06)
05. Over the Shoulder (5:13)
06. My Possession (5:05)
07. Where You at Now?/Crash & Burn/Twitch(Version II) (12:15)


インダストリアル・ミュージックロック(HM/スラッシュメタル)を混交したインダストリアル・ロック/メタルのパイオニアとして名高いMinistryの2ndアルバム。
基本的にはキューバ生まれのアル・ジュールゲンセンのソロ・プロジェクトという形態をとっており、メンバーは時期により流動的です。1stアルバム時にはドラマーがいましたが脱退し、このアルバムはUKダブのボス エイドリアン・シャーウッドを共同プロデューサーに迎えた二人体制で制作されました。

3rd"The Land of Rape and Honey"以降の、スラッシュ・メタル・リフを取り入れた作風が有名ではありますが、この作品ではそういった要素は見られず、メタル・パーカッション(風)の荒々しいエレクトロニック・ビートがフィーチュアされたEBM(エレクトロニック・ボディ・ミュージック)となっています。
1stがニュー・ロマンティックな香りを強く残したシンセ・ポップ作品だったということもあり(未聴です)、ちょうど次作との中間に位置する作風と言えそうです。

ヘヴィに軋むビートやヴォーカル、いかにも80年代なシンセ・ベースや音響で構築された楽曲がノイジーに空間を埋め尽くしていく様と、どこかゴシカル/背徳的な雰囲気の漂うメロディ・ラインは、後のNine Inch Nailsなどとも共通する部分ではないかと思います。
ノイジーではありますが、Throbbing Gristleなどの初期インダストリアル勢と比較すると格段に聴きやすいです。(リズムもしっかりしているし…)
ただ、ポップさの中に潜むエロ・グロやデカダン的な雰囲気はやはりインダストリアル・ミュージックの支流の一つという感じで、どこか居心地の悪いような感じが全編を覆っています。

共同プロデューサーのエイドリアン・シャーウッドは恐らく最小限しか手を加えていないように思いますが、リズム・トラックの残響の一つ一つや、奔放なコラージュ感覚、左右のパンを切り替えることによる狂気的な音の軋みなど、彼が施したと推測されるギミックは非常に印象的です。
思えば、彼は80年代前半のマーク・ステュワートのプロデュースなどで、UKダブという手法そのものをインダストリアル・ミュージック的な音像に接近させることに成功しています。ダブの狂騒的なリヴァーブ・オーケストレーションは、レゲエというルーツを取り払われることで一気にその暴力性を顕在化させたわけであり、その先陣を切った彼がインダストリアル・ミュージックの支流にあるEBMのプロデュースをする、ということは何ら以外でなく、むしろ当然というような印象すら受けます。

鋭く研ぎ澄まされた音の一つ一つが脳を活性化させる感覚が実に心地よい、EBMの入門に最適な好盤ではないでしょうか。






TwitchTwitch
(1994/10/26)
Ministry

商品詳細を見る
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
83位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR