鷺巣詩郎 & 伊福部昭 "シン・ゴジラ音楽集"

gdm.jpg


Artist: 鷺巣詩郎 & 伊福部昭
Album: "シン・ゴジラ音楽集"
Label: キングレコード
Year: 2016

Tracklist
01. Persecution of the masses (1172) / 上陸 (5:24)
02. ゴジラ上陸 / 「ゴジラ」 / 進化 (1:55)
03. 11174_rhythm+melody_demo / 対峙 (2:17)
04. Early morning from Tokyo (short) / 報道1 (0:54)
05. 11174_light_edit_demo / 索敵 (1:10)
06. EM20_rhythm_GZM / 組織結成 (1:46)
07. EM20_Jerry_GZM / 情報供与 (1:34)
08. ゴジラ復活す / 「キングコング対ゴジラ」 / 再上陸 (1:43)
09. ゴジラ登場 / 「メカゴジラの逆襲」 / 脅威 (1:28)
10. Black Angels (Feb_10_1211) / 作戦準備 (3:07)
11. Fob_01 / タバ作戦 (4:11)
12. Defeat is no option (1197) / 進攻 (4:17)
13. Who will know (24_bigslow) / 悲劇 (3:34)
14. SS_103_GZM (Famously) / 報道2 (1:31)
15. EM20_Godzilla / 再始動 (1:01)
16. EM20_CH_alterna_01 / 巨災対 (0:57)
17. EM20_CH_alterna_03 / 報告 (1:19)
18. EM20_CH_alterna_04 / 共闘 (1:15)
19. 宇宙大戦争 / 「宇宙大戦争」 / ヤシオリ作戦 (5:03)
20. Under a Burning Sky (11174_battle)/特殊建機第1小隊 (1:34)
21. Under a Burning Sky (11174_orchestra)/特殊建機第2・3小隊 (2:40)
22. Omni_00 / 終局 (3:17)
23. ゴジラ・タイトル / 「ゴジラ」 / 終曲その1 (1:31)
24. メインタイトル / 「三大怪獣・地球最大の決戦」 / 終曲その2 (1:34)
25. メインタイトル / 「怪獣大戦争」 / 終曲その3 (1:44)
26. メインタイトル / 「ゴジラVSメカゴジラ」 / 終曲その4 (1:51)
27. Under a Burning Sky (11174_rhythm_united_choir) (2:14)
28. Early morning from Tokyo (4:59)
29. EM20_rhythm_GZM_full (2:47)
30. EM20_Jerry_GZM_full (4:46)
31. Who will know (24_bigslow_strings) (3:23)
32. Under a Burning Sky (11174_united_choir) (1:42)


先日、今話題の映画『シン・ゴジラ』を観に行きました。
丁度昨年末から子供がゴジラにハマっておりまして、ほぼ全作(「対キングコング」のみ県内のレンタルショップでは見つからなかったのと、数作は子供たちだけで見てる)を視聴していたので、その延長線上のイメージで見に行ったら、イメージを覆されるほどの映像・スピード感にただただ圧倒されるばかりでした。

映画そのものについてはお詳しい方々が何人もレビューされてますし、当blogはあくまで音楽blogということで多くは述べませんが、何よりもまず第一作目の『ゴジラ』への強い敬意/オマージュが感じられたことや、ゴジラと直接的に戦う存在(軍隊や、あるいは敵怪獣など)ではなく、それを指揮する政府の、ひいてはその一挙手一投足に固唾を呑みながらも翻弄される人々の動き(物理的にも、精神的にも)にフォーカスをあてたことがこの好評の原因なのではないかと推測しています。

そして、映画そのものを彩る音楽も非常に印象的であったため、劇場で映画を見たその足でサウンドトラックを購入してしまいました(笑)
サウンドトラックということで、基本的には音楽のみに立脚した作品ではないと思いますが、改めて音のみから感じたことを少々書いてみたいと思います。

まず、鷺巣詩郎の作曲についてですが、まず全体的に思ったのはビートの異様な立ちっぷりです。
本作と同じく庵野秀明監督による「エヴァンゲリオン」でも使われていた'EM20'諸作のティンパニ(デーンデーンデーンデーンデンデン)などわかり易い例ですが、それ以外の楽曲でも非常にロックな、楽曲を推進させるものとしてのビートが多用されているように感じます。
映画で感じたスピード感は、ここに起因する部分も結構あるのではないかと思いますが、サントラである本作でも、(本編楽曲の短さも相まって)そのスピード感は損なわれておりません。

また、ストリングスやコーラスとの絡みにより力強いビートの緊迫感を強調したり、またはラテン・パーカッションと組み合わせてビートの推進力と勇壮さを強調したりと、様々なアレンジでもって観客の気持ちをのせ、取り込み、煽っていくようにできていると思いました。
先述の'EM20'は色々な変奏で多く収録されていますが、そのアレンジも多彩なため、それほど繰り返されているような印象ももたず、別の曲として聴くことができるのもアレンジの妙といったところでしょう(笑)

好きな楽曲は色々ありますが、やはり13曲目は名曲/鉄板ですね。
聴く度に「あのシーン」(ネタバレ避け)の恐怖、絶望、そしてそこから立ち上る不思議な神々しさを思い出してしまいます。

そして、本作(映画も含め)のキモはやはり伊福部楽曲の(旧録音そのままの)使用でしょう。
一度旧録音に薄くかぶせる「補強音源」の録音まで行ったものの、それが全て没となり、結局旧録音をそのまま使用したとのことなのですが、鷺巣曲のクリアな録音と対置されることで伊福部楽曲はある種の幻想というか、映画のアオリを借りるならばまさに「虚構」ともいうべき現実感のなさを感じさせます。
ゴジラ関係のシーン、あるいはヤシオリ作戦における足止めのシーンが、本編のリアリズムとはどこか違った、デフォルメされた=それだけが抽出された感情(恐怖や勇気)を抱かせ、そこだけはなんとなく「映画を見ている」と一歩引いた自分を認識させたのはこの録音の持つテクスチュアの差異によるところが大きかったように思います。
サントラである本作では、テーマ1回目を旧録音そのまま、2回目を補強音源も含めた録音としているので、その違いを聴きとる楽しみもあると思います。

正直な所サントラだけ買っても、という部分はあるのですが(笑)映画を見た方なら買って損はないと思います。(…というか買いましょう!)
ちなみに、うちはこれを買って以来息子が「ゴジラ~ゴジラ~」と亡者のようにこれの再生を求めてきます。(3月に買った伊福部作品の録音もゴリゴリ再生されてましたけど 笑)


スポンサーサイト

Annabel "slow light, slow glass"

annabelslsg.jpg


Artist: Annabel
Album: "slow light, slow glass"
Label: Self-Product
Year: 2016

Tracklist
01. takeoff climb (3:08)
02. 夏の沫 (3:23)
03. 遠雷 (2:55)
04. 嗄れる (3:14)
05. vidrio (4:28)
06. スローライトバード (3:35)
07. 海まであと少し (3:42)


binariaanNinaでも活動しているアルゼンチン出身の歌手/ソングライターAnnabelによる、自主制作としては(恐らく)久々のミニアルバム"slow light, slow glass"は、他の名義での活動や、ソロでの以前の作品で見られた耽美的で艶のある世界から飛び出すかのように溌溂としていて、かつ瑞々しく、そしてほのかな実験性を帯びた好盤に仕上がったように思います。

本作は、全7曲約24分というコンパクトな作品ではありますが、Q flavorと田口囁一(ロックバンド 感覚ベクトルのヴォーカル)という二人のソングライターを迎え、奇数トラックにQ曲を、偶数トラックに田口曲を配することでコンポジションの差異をくっきりと示し、アルバム全体にメリハリを感じさせる構成になっています。
ちなみに、同時に発表されたシングル"warehouse 160814"(未聴)でも2人が1曲ずつ提供しているようです。

肝心の、ソングライター2人のコンポジションの特徴はといえば、Q flavorの方はグリッチーなビートや電子音、ノイズなどを多層的にレイヤーした実験的な作風、田口の方はジャジーなドラムやループするピアノと、飛翔するようなストリングスを軸にしたポップかつ瑞々しい作風と表現することができるでしょう。
今までのAnnabelのイメージでいえばQ曲の方が近いように思うのですが、今作では田口曲の生っぽい音のテクスチュアと、Annabelのふくよかで透明感のある、そしてほんのりハスキーな歌声が非常によくマッチしており、本人の語る通り「夏と弦」というテーマがサウンドや歌詞、メロディ、さらには楽曲のトータルな雰囲気からも感じられて、この美しい声を持ったシンガーの新たな魅力に気付かされるような印象を受けました。
特に2曲目は本作の最初の白眉ともいえる、ブレイクビーツっぽくはねるビートや、こっそり配されたファンキーなギター/ベースと、ストリングスが好対照をなす美しい楽曲だと思います。

そして、Q曲の実験性/複雑さも特筆すべきです。
binariaにせよソロ作(メジャー作はフォローしていないので、イメージとしては"Noctilca"あたりのイメージ)にせよ、メランコリックで優しげな空気を漂わせたエレクトロニカ~フォークトロニカ的なサウンドを得意としていた彼女ではありますが、今作のQ曲についていえばそれらのイメージを根底から覆すようにノイジーなものに仕上がっているように思います。(Annabelの声が、エコーやディストーション(というかファズというか)といった加工がなされているのも特徴的です。)
1曲目こそダンサブルなビートとグリッチーで薄っすらシューゲイズな電子ノイズが飛び跳ねるようにメロディ/歌声を補強するようなポップネスの感じられる作風ではありますが、3曲目で少しずつ先述のような多層的なレイヤー/ノイジーなテクスチュアによる実験性が首をもたげ、5曲目でそれは極限に達します。
もはや歌詞が聴き取れないほどに融解したAnnabelの声、和声など全くなしでデジタルビートとノイズが反復された果てに悲壮なストリングスが唸りをあげる、なんともプログレッシヴな作風で、本作のクライマックスといえる楽曲で、シリアスな美しさが漂っています。

このように、2人のコンポーザーによる楽曲の対比で進んでいく本作ですが、7曲目ではそれが一転して、構造的にはやはり実験的なQ曲でありながら、田口曲の生っぽいテクスチュアなどの特徴も取り入れたかのような、本作の総まとめともいえる展開が繰り広げられます。
これのおかげで本作は、2人の楽曲を行き来しながら徐々に徐々に盛り上がり、ラストでは2人のサウンドを統合しつつライトな感触でアルバムを占めるという、EP/ミニアルバムとしては理想的なものになっているように思えます。

30分に満たない、あっさりとしたサイズではありますが、内容は非常に充実した作品ですし、Annabelの声は相変わらずの美声ですし、Q flavor/田口囁一というコンポーザーの協力により彼女の新たな魅力も感じられます。
特殊パッケージの初回盤は販売終了したようですが(買えてよかった 笑)、通常盤がそのうち通販開始されるようですので、気になる方はぜひ聴いてみてもらいたいと思います。


binaria "sonido"

binaria.jpg


Artist: binaria
Album: "sonido"
Label: self product
Year: 2010

Tracklist
01. entrada de sonido (1:19)
02. レイトナイト (4:38)
03. 月ノ光リ花 (4:09)
04. ルミネセンス (4:09)
05. sweet jerryfish (5:40)
06. リンズの鉛筆 (6:31)
07. erialfinal (6:16)
08. alpha-beta (3:07)
09. fadeout (4:17)
10. refresco (3:28)
11. ポンコツロボット (4:48)
12. kobalos (4:19)
13. 蝶番 (3:54)
14. n o e m a (5:22)
15. sonido (4:48)


同人音楽というジャンルがあります。
M-3などの同人即売会において、自主制作の音源を発表するグループ(サークル)やその作品がこういった名で呼ばれます。「同人」の名前からも想起される通り、いわゆるアニメや漫画の愛好家(=おたく)からの支持の厚いジャンルではありますが、あくまで作品の発表形態から分類されるジャンル名でありますので、ここに属するミュージシャン達は一人一人、あるいは一グループ一グループで異なった音楽的なバックボーンを有し、その作品の(音楽的な意味合いでの)ジャンルも様々なようです。

私もそれほど詳しい世界ではないのですが、折に触れ好んで聴いているミュージシャンもいます。
コンポーザーであればmyubermei.inazawa、ヴォーカリストであれば霜月はるかannabelという方です。
特にmyuと霜月はるかによるkukuiや、bermeiとannabelによるanNinaは一時期本当によく聴きました。前者はシンフォ系のプログレやインダストリアル、トラッド・フォークなどから、後者はエレクトロニカやジャズなどからの影響を感じさせる曲作りをしており、独特の世界観とも相まってその他の音楽では中々味わうことのできないような感覚を覚えさせてくれるものです。(anNinaのミニアルバムについては以前レビューさせてもらいました)

そして、今回紹介するbinariaは、先に挙げたannabelの、活動の本丸とも言えるユニットで、彼女の名前が広く認知された今でもなお、あくまで同人音楽イベントでの作品発表にこだわっている、ストイックな活動スタンスをとっています。
2006年の活動開始以降、シングルやEPなどを地道に発表してきたこのユニットが2010年に発表したフルアルバムがこの"sonido"で、その内容はそれまでのシングルやEPの楽曲を再録した、いわゆるベストアルバム的なものとなっています。

この界隈の音楽には恐らく多い傾向かと思いますが、音の質感はダウナーかつ幻想的/寓話的です。
日本の歌謡曲に連なるようなドラマ性(≒印象的な盛り上がり)も十分に持ちあわせており、その上でannabelとやなぎなぎ(メイン・コンポーザーでもあります)という二人のヴォーカルが漂う、というのが基本的な形だと思います。

基本的に、彼女たちはその活動において自分たちの音楽的バックボーンを語ることが少ないので想像の域を脱しませんが、サウンドとしては日本の歌謡曲及びエレクトロニカを中心としてトリップ・ホップやダブ、インダストリアル、アシッド・フォークそしてプログレなどからの影響を感じることができます。

特筆すべきはやはりダブやインダストリアルからの影響が強いビートではないでしょうか。リズム・プログラミングやダビーな音響処理には中々唸らされるものがあると思います。
勿論「ソング」としての機能性を邪魔しないようそれほど強調はされていませんが、そうであるがゆえに抑制が効いているというか、職人的と言ってもいいほどに良い塩梅(笑)のビートです。淡々とした反復を主としながらも、時折引きつるように歪み、暴発するそれは、楽曲を根幹の部分で支えています。
隙間もしっかりとってあり、ヴォーカルや演奏の生み出すニュアンスを滲ませる余白も十分で、そういった部分でも「職人ぽさ」を感じますね。ベースも出すぎず引きすぎずでとても良いです。
その上にのる電子音やピアノ、ストリングスの響きは非常にぼんやりとした空気が強く、このあたりは00年代以降の(売れた)エレクトロニカのように聴きやすく感傷的です。

もう一点特筆すべきはやはりannabelとやなぎなぎ(特にannabel)によるヴォーカル。声質はよく似ていますがannabelのほうがやや中域がふくよかかな?
ヴォーカリゼーションもわりと異なっており、やなぎなぎの真っ直ぐとした発声は非常に軽やかで透き通った感覚がありますし、annabelはしっとりとした色気を帯びています。
特にannabelについては、ボサノヴァやフォルクローレ(あるいはシャーデースティーナ・ノルデンスタン?)にも通じるような、ウィスパースタイルの美学とでもいうものが備わっているように思います。吐息やサスティンの一つ一つに後ろ向きな感情(失礼)のニュアンスが多大に漂っており、淡々とした歌唱からは信じられない程、情感的な印象をリスナーに残します。
ボサノヴァやフォルクローレを思い浮かべたのは、もしかするとアルゼンチンと日本のハーフという生まれや、幼少期をアルゼンチンで過ごしたという経歴に起因するのかもしれません。私的な感情の漂う様を表現するのにこれ以上ないほどに向いたそのヴォーカルは、主観的でダウナー/メランコリックな歌詞とよく適合し、やなぎなぎの楽曲が持つ幻想性/寓話性をより強くリスナーにアピールしていると思います。
個人的にはストレートなアシッド・フォークとか一度やってみてほしい(笑)

ベスト的な選曲ということもあり、アルバムとしての統一感には今ひとつな感があるものの、彼女達の楽曲/歌声の魅力が十分に吹きこまれた良作ではないでしょうか。
…ただ、イベントでの発表及び一部同人ショップでの委託販売しかされなかった自主制作作品ということもあり、現在手に入りにくいのが残念!どっかのレーベル(ランティスとか)でメジャーに流通させればいいのに…






b i n a r i a - sonido

anNina "natal"

cdNatal.jpg

Artist: anNina
Album: "natal"
Label: Voltage of Imagination
Year: 2008

Tracklist
01. inicial (1:21)
02. 子午線 (5:21)
03. うわのそら (5:08)
04. 肥えた太陽 (4:10)
05. 目蓋 (4:39)
06. シメオンの海 (4:08)
07. 対象a (adonde vuelvo) (7:35)

今回は一風変わったジャンルのミュージシャンを紹介します。
このanNinaというユニットはデビューシングル"対象a"がアニメのEDテーマとして起用された他、ヴォーカルのannabelも作曲のbermei.inazawaも出自は同人音楽ということで、いわゆるアニメソング関連のユニットです。

昨今のアニメソング全般を聴いているわけではないのですが、この作品は結構レベルの高い、というよりは彼らの美意識が非常に明確に打ち出されており、折に触れて愛聴しています。

音のほうは全体的にエレクトロニカ+生音といった雰囲気。
The Album Leafなんかを思い出してもらえれば分かりやすいかと思いますが、あっち系の音です。bermeiのちょっとジャジーなトラックと、annabelの中音域のふくよかな、やわらかい歌声の相性は抜群だと思います。

全体的には抑制の効いた静かめの作風ですが、三曲目と六曲目は毛色が違いますね。特にクライマックスに向けて徐々に徐々に盛り上がっていく六曲目はこのアルバムの白眉ともいえるトラックでしょう。

また、最終曲はデビューシングルのリミックスです。ただし、ただのリミックスというわけではなく、ヴォーカルは新録のうえ、ボサノヴァテイストまで盛りこみ、さらに原曲で6/8だったリズムを5/8にするという、かなりこだわったトラックになっています。ヴォーカルの拍は基本的に変わっていないので、妙にシンコペーションしてしまったり、遅れたりと、初聴時は平衡感覚狂うかもしれません(笑)

最初に述べたとおり、二人(特にトラックメイカーであるbermeiの)美意識が非常に明確な形で、強く打ち出された作品なので好き嫌いは出るかと思いますが、楽曲の質はかなり高いです。アニソンユニットとしておくにはもったいないユニットだと思います。



natalnatal
(2008/12/17)
anNina

商品詳細を見る
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
45位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR