FC2ブログ

betcover!! "中学生"

betcover!!_中学生

Artist: betcover!!
Album: 中学生
Label: Cutteing Edge
Year: 2019

Tracklist
01. 羽
02. 水泳教室
03. 異星人
04. 決壊
05. 雲の上
06. 世界は広いよ
07. ゆめみちゃった /アルバムver.
08. 海豚少年 /アルバムver.
09. 素直な気持ち
10. 中学生


若干20歳とは思えない朴訥とした空気と歌心、そして若干20歳らしいてらいなく、作為のない実験性。
それだけで私にとっては、この作品を昨年の個人的ベストとするに十分すぎるほどだったと感じています。

東京都は多摩出身のヤナセジロウによるソロプロジェクトbetcover!!を知ったのは確か昨年春先に本作の収録曲'決壊'のMVをyoutubeで聴いたのが最初だったと記憶しています。
レゲエマナーに沿ったベースラインと突如挿入されるノイジーなギターの咆哮、そしてそれを過度に強調するような音作り。さらに載るセンチメンタルで、若者らしく人を思い慕う心のようで、それでいてただ思いついた言葉を並べただけのような虚無を感じさせるかのような言葉の群れは控えめに言っても衝撃的に過ぎ、すぐさまこのシンガーソングライターについて詳細をディグさせるには十分なものでした。

7月に(これほど言葉の通りの意味を感じたことは未だかつて少ないのですが)満を持して発表された本作"中学生"は、タイトルが示す通り自身の理想と現実とのギャップに悩む心をそのまま映したかのように攻撃的で、それでいてヤナセ自身も含め今を生きる存在(人間だけでなく)に対する愛を感じさせるかのようにラブリー/ピースフルな浮遊感を感じさせる作品に仕上がったように感じています。

本人の言をとるなら、幼少の頃から慣れ親しんだEarth Winf & Fireなどに影響を受けたとのことですが、本作を聴く限りではそういったR&B的な要素は作曲・アレンジ面からは感じられません。
むしろもう一方で上がるFISHMANSの雰囲気などが近いのかと感じます。
全編通して感じるダブに影響を受けていそうな感じがそう思わせるのでしょうが、そのつもりで聴いてみると逆にFISHMANS的(というよりは一般的にダブ的といえる)な深海感はあまりなく、むしろ大空を感じさせるような吹き通しの良さがあります。
そしてそれに施されるミックスなどの感覚は確かにR&Bにも似たような小気味の良さとメロウな感覚があるのです。

しかしながら(?)彼の作曲のベースにあるのは日本字らしいフォーキーさを感じさせるのものでありますし、最終的な録音/ミックスに至る部分には先述したレゲエ/ダブ的なベース強調の空気も感ぜられます。
さらに歌詞は直情的で、しかしながら直喩暗喩をたっぷり含んだ様々な意味にとれるようなものになっており、一度・二度聴いただけでの判断を許さないような奥深いものになっています。

もはや自分自身でも支離滅裂に思えてきましたが(笑)これらのあまりに雑多な要素がたった10曲の中に詰め込まれ、混ぜ合わされ、まとめられて提示されたのがこの"中学生"という作品なのです。

こんな作品は、何十年もキャリアを重ねたミュージシャンにこそ作ってほしいものではありますが、ヤナセジロウが若干20歳にしてこれを作り上げたということには、驚きもあるものの、むしろ経験を重ねていないからこそのノーブルな輝きが非常にうまく作用したようにも思えてきます。
要は奇跡的な作品だということです(笑)

とにかく、まだ未聴の方はぜひ一度聴いていただきたいと思います。
独特の、そして確固たる世界観に魅了されるであろうことは保証いたします。

スポンサーサイト



近況報告&今後の予定

お久しぶりです。

前回のiriの更新時に「年内にまた更新するかも」みたいなことをtwitterでつぶやいたような気もしますが、すまんありゃ嘘だった(笑)

ただ、最近聴いたものについて書きたい欲求はちょっとでてきてまして、近いうちに更新を再開…するかも…しないかも、な気分になってます。

取り急ぎ新作が素晴らしすぎたAwichかなぁ、なんて思いましたが、なにより昨年の個人的ベストアルバムに輝いた"中学生/betcover!!"について書かないことには2020年の作品には踏み込めない気もしてますのでまずそっち書こうと思ってます。

ベストアルバム、という話が出たのでちょっぴりまとめますと、昨年は本当にJ-Pop/J-Rock/J-HIPHOPばかり新譜を追ってまして、洋楽といえばNWWとPaul McCartneyくらいしか印象に残っていません(なぜ)
個人的にベスト10を選ぶとすれば以下のような感じ(betcover!!以外は順不同かな)

中学生/betcover!!
Shade/iri
Merry go round/さとうもか
21世紀より愛をこめて/Temparay
body/AAAMYYY
LOVE/ZORN
sequential souls/PAELLAS
きらめき/羊文学
Palm/空間現代
Oblivion E.P./MINAKEKKE
まちのあかり/毛玉


あ、11枚になってしまった…
なんか自分の気に入る作品って評価されてるんだけど、いわゆる最近の評論の俎上に上がることが少ないみたいでさみしい限りなんですが、どれも一級品で素晴らしい作品ばかりなので激推しです。
betcover!!だけじゃなく、レビューは書けたら書いていきたいと思います。

では、更新をお楽しみに。
(きっと…多分…近いうちにする…はず…)

iri "Shade"

iri_shade.jpg


Artist: iri
Album: Shade
Label: Colourful Records

Tracklist
01. Shade  produced by大沢伸一
02. Only One arranged by Yaffle(Tokyo Recordings)
03. Wonderland arranged by ESME MORI(Pistachio Studio)
04. Common arranged by STUTS
05. cake arranged by grooveman Spot
06. Flashlight produced by tofubeats
07. 飛行 arranged by Kan Sano
08. Sway arranged by Shingo.S
09. Peak arranged by ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)
10. Keep on trying  arranged by ESME MORI(Pistachio Studio)
11. mirror  arranged by 三浦淳悟(PETROLZ)、Kan Sano,澤村一平 & 隅垣元佐(SANABAGUN.)


お久しぶりです。
なんとなくこれは書いときたいなぁ、という作品があったので本当に久々にレビュー。
年明けぐらいにSofar Tokyoでの弾き語りライヴ動画を見て以来気になっていたiri(イリ)がタイミングよくドロップしてくれた新作"Shade"が素晴らしすぎてここ一週間くらい悶絶しております。

若干25歳の彼女ではありますが、実は本作が3作目ということで、すでに結構キャリアを重ねたミュージシャンでした。
歌声も、年齢や相応の可愛らしい見た目からは想像がつかないような、ちょっぴりハスキーかつふくよかな質感を伴ったもので、非常に説得力があります。
まるで歌うために生れてきたかのようで、まさにギフテッドな声といっても過言でないと思います。

そんな彼女をサポートするのはMONDO GROSSOの大沢伸一をはじめとして、水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミ、tofubeats、STUTSらに加え、YaffleやESME MORIといった新進気鋭のトラックメイカー、そしてどういうコネクションなのか謎の(笑)三浦淳悟(PETROLZ)と、まるで2010年代のJ-POPの総まとめのようなメンバーです。

全体的にはHIPHOP的なビートが牽引していますし、iri自身も少しラップしていますが、やはりこのアルバムに大きな一本の芯を通しているのは彼女の歌声です。
そしてそれは先ほどの豪華なメンバーが脇を固め、全力でサポートしているのも納得できるほどに美しく、ディープな質感をはらんでいます。

また、彼女はその天性の歌声だけでなく、リズム感にも特筆すべきものがあるように感じます。
ただビートに乗って人形のように歌を垂れ流すのでなく、ビートや楽音の隙間に巧みに言葉を配することで、自身の素晴らしい歌声と、ウェルメイドなトラックとのバランスをとり、決して少なくない情報量をすんなりと聴かせてくれるのです。
そもそものトラックがHIPHOP的なのもありますし、プロフィールなどみてもそもそもブラックミュージックをルーツの一つとしている部分もあるのですが、それを差し引いて考えてもかなり非凡なものがあるように感じます。

そのせいもあってか、音数がそぎ落とされているというわけでもないのに、全体的に非常にシンプルでパーソナルな印象を受ける作品に仕上がっています。
ちょっぴり、初期の宇多田ヒカルも思い出すような印象を受けますね。

Spotifyで過去作も聴きましたがそれらも素晴らしく、近いうちに全部買ってしまう予感がひしひしとしています(笑)
今年のJ-POPはまずこれ聴いとかなきゃ語れませんよ!

更新停止のおしらせ

台風が接近する中、皆様如何お過ごしでしょうか。
突然ではございますが、この度本blogの更新をしばらく停止することとなりました。

理由については長くもなりますので申し上げるつもりはないのですが、最低でも数ヶ月~1年程度は戻ってこない予定ですし、あるいはもうずっと戻ってこないかもしれません。
(とか言いつつ、書きたい欲求がとてつもなく湧いたらひょっこり帰ってくるかもしれませんが 笑)

本blogの更新を楽しみにしていただいていた皆様には本当に申し訳ないのですが、何卒ご容赦いただければと思います。

それでは皆様、また会う日までお元気で。

2017年9月の購入予定

Kassel Jaeger "Aster" (editions Mego)


Marcus Fischer "Loss" (12K)


Rui P. Andrade "All Lovers Go To Heaven" (ACR)
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
82位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR