The Best 20 Discs of 2017 [H1]

2017_h1_best20.jpg


こんばんは。
早くも今年の半分が終わりまして、僭越ながら上半期ベストを20枚選盤させていただきました。
20位から5枚ごとに紹介し、簡単なコメントをつけていきたいと思います。

20位 Knivtid "Knivtid EP" (ACR)
19位 Kassel Jaeger & Jim O'Rourke "Wakes on Cerulean" (editions Mego)
18位 Kara-Lis Coverdale "Grafts" (Boomkat Edition)
17位 Oto HIax "Oto Hiax" (editions Mego)
16位 Imaginary Forces "Runnin's" (きょうRecords)

まずは20~16位。
まずは今年発見したロンドンの新興テープレーベルACRより、スウェーデンのミュージシャンKnivtidのデビューEPを。
全体的に2000年代頃のエクスペリメンタルな電子音楽シーンにあった空気みたいなものを追い求めている感じのレーベルなんですが、これはとても静謐でちょっぴりダークなドローン/アンビエントという趣で非常に良かったです。このレーベルの作品はちょいちょい購入してまして、年内にはまとめて何作かレビューできたらなー、とか思ってます。
他には、カセル・イェーガーとジム・オルークによるいかにもらしいドローンアンビエント作品や、ここ最近のティム・ヘッカー作品への参加などで知られるカラ=リス・カヴァーデイルのモダンクラシカル感漂うEP、これまた2000年代の空気が濃厚に漂うOto Hiax、Imaginary Forcesの未発表曲・ヴァージョンを集めた編集盤など、かなりの好盤ばかりで、上半期の時点でかなり今年の充実ぶりがよく分かるように思います。


15位 Second Woman "S/W" (Spectrum Spools)
14位 Basic Rhythm "The Basics" (Type Recordings)
13位 Bellows "Sander" (Latency Recordings)
12位 GAS "Narkopop" (Kompakt)
11位 Arto Lindsay "Cuidado Madame" (P-Vine./Panderosa)

15位~11位あたりから徐々に混戦の様相が強まってきます。
昨年鳴り物入りでデビューしたSecond Womanが早くも届けてくれた2ndは、1stに比べアンビエントな部分が前景化した感のある良作でしたし、同じく昨年素晴らしいデビュー作"Raw Trax"を発表したImaginary Forcesの別名義Basic Rhythmの2ndは昨年のインタビューでも本人が語っていた通り、ロンドンの海賊ラジオやクラブシーンへの敬意が感じられるコンシャスな一枚に仕上がったと思います。(まさかマジでケイト・ブッシュをサンプリングしてくるとは思いませんでしたが 笑)
Senufo Editionsの復活や、後に挙げるInvesting Masksの2ndなど、他の活動も精力的なジュゼッペ・イエラシのユニットBellowsはShelter PressとLatency Recordingsから一枚ずつ作品を出しており、どちらも素晴らしい出来だったのですが、個人的にはちょっとセンチな雰囲気のある"Sander"の方が好みでした。
そして復活組。GASは云年の沈黙が嘘のようにかつての通り…どころか、それよりも一歩も二歩もディープになった"Narkopop"で健在ぶりをアピールしましたし、アート・リンゼイは昨年のロウレンソ・ヘベッチスのプロデュースにおいても傾倒したカンドンブレのリズムを取り入れ、先鋭的ながら知性あるポップネスを見せつけた"Cuidado Madame"という素晴らしい作品でカムバックしました。
大御所のカムバックというとそれだけで一定の注目を集めるものですが、それに加えてまだまだ前進しよう・新しいことをやろうという気概にあふれた作品を作り上げたのは実に見事です。


10位 Helm "Rawabet" (A L T E R)
09位 Phornesis, Julian Argüelles & Frankfurt Radio Big Band "The Behemoth" (Edition Records)
08位 Inventing Masks "2nd" (Error Broadcasts)
07位 Andrea Belfi "alveare" (IIKKI)
06位 Loke Rahbek "City of Women" (editions Mego)

そして10~06位。
電子音楽のライヴを生々しくとらえた、正にスナップショットなHelmの"Rawabet"から始まり、過去曲をラージアンサンブルを迎えて新たに生まれ変わらせたPhronesis、音響彫刻のような緊張感を孕んだデビュー作から一転、サンプルのループを駆使して感傷的な空気をたっぷり漂わせたInvensting Masksことジュゼッペ・イエラシ、イタリアのIIKKIのプロジェクトの一環としてアートブックと見事な調和を見せたアンドレア・ベルファイ、多層的でクラシカルなトラックを粗いノイズで一層ミステリアスに、神秘的な空気を強調したローク・ラーベックのソロデビュー作など素晴らしい作品がいっぱいで困りました。
こうやって見ると、自分の傾向として、今年はちょっと電子音響/電子音楽寄りな年ですね。


05位 The Necks "Unfold" (Ideologic Organ)
04位 Porter Rciks "Anguilla Electrica" (Tresor)
03位 공중도덕(公衆道徳) "공중도덕(公衆道徳)" (Boranical House)
02位 Félicia Atkinson "Hand in Hand" (Shelter Press)
01位 tricot "3" (BAKURETSU RECORDS)

そして上位5作品。
正直どれも説得力の半端無い作品ばかりで、どれが1位でも全くおかしくなかったです。
しかしながらtricotは先日の素晴らしいライヴの影響もありますが、何よりやはり曲が、詩が、演奏が、そして歌が素晴らしいというポップミュージックとして最も根本的ば部分をばっちり最高の形で提示してくれましたので文句なしの1位とさせていただきました。
次からは静謐で、しかし芯の通った循環(というかグルーヴというか)すら感じさせる程に美しい歌もの(?)だったフェリシア・アトキンソン、実験精神が自家中毒を起こしまくった果てに出来上がったかのような怪作がついにフィジカル化した公衆道徳、かつて以上にデトロイトに傾倒し、正にミニマル・テクノというべき作風でカムバックしたPorter Ricks、ピアノトリオにおけるインタープレイの極北を魅せつけたThe Necksと続いていきますが、本当にこの5作については今年聴かずに終われないレベルの作品ばかりですので、是非とも年内に聴くのをおすすめします。


そして今月はすでにFoetusことJGサールウェルの素晴らしいレトロシンセ作品で幕が開き、下半期への期待が俄然高まっております。
あと半年でこのラインナップがどう変化するか、あるいはどんな作品がランクインしてくるのか、今から楽しみにしております。
スポンサーサイト

Loke Rahbek "City of Women"

0519_lokerahbek.jpg


Artist: Loke Rahbek
Album: "City of Women"
Label: editions Mego
Year: 2017

Tracklist
01. Like a Still Pool (3:40)
02. Fermented (2:45)
03. City Of Women (6:23)
04. A Mess Of Love (4:35)
05. Palm (4:01)
06. In Piles of Magazines (5:27)
07. A Word a Day (0:50)
08. Swimwear (3:00)
09. Take Pleasure in Habits (2:56)


Damien DubrovnikやCroatian Amorといったユニット、レーベルPosh Isolationの中心人物としてしられるミュージシャン ローク・ラーベックのソロ・アルバムがeMegoより5月にリリースされました。

本作は『女達の街』という、どこか神秘的/ミステリアスな印象を抱かせるタイトルに違わず、とても透き通った美しさを感じさせる作品です。

柔らかな音の鍵盤、荘厳なストリングス、人里離れた夜半の戸外を思わせるようなフィールドレコーディング、そしてダークな電子音響などが一本芯の通った美的センスに基づいてレイヤーされていることがありありと見て(聴いて)とれると思いますが、今作の魅力は、その殆ど全てがざらついた感触を残すテクスチュアを帯びていることです。

一言で言えば「ノイジー」ということなのですが、いわゆるノイズ・ミュージック然としているわけでなく、美しくレイヤーされた音の上に薄い幕(あるいは布)のように被せられていたり、あるいはサウンドの強弱に合わせて軋み、ゆったりとしたグルーヴを醸してみたり、あるいは複数の打音の中心に据えられて、どこかスペーシー/無機的な空気を作り出したり…とかなりヴァラエティに富んだ使われ方をしており、非常に音楽的(というか楽音としてというか)用いられています。

また、和声的な部分ではモダン/ポスト・クラシカルにも通じる部分もあり、30分強という短めの収録時間ながら、聴き終えた後は非常に充ち足りた気持ちになることと思います。
強くオススメできる一枚です。ぜひ。


공중도덕(公衆道徳) "공중도덕(公衆道徳)"

0301_gd.jpg


Artist: 公衆道徳 공중도덕
Album: "公衆道徳 공중도덕"
Label: Botanical House
Year: 2017 (Original Release: 2015)

Tracklist
01. 白い部屋 하얀방 (4:24)
02. 地震波 지진파 (3:31)
03. パラソル 파라솔 (2:00)
04. ウ 우 (4:26)
05. 沼地 늪지대 (6:19)
06. 月たち 달들 (3:04)
07. 多分 아마 (1:18)
08. 結び目 매듭 (7:03)


韓国のインディ・シーンから突如現れた謎のユニット공중도덕(公衆道徳) によるセルフタイトルのデビュー作は、何がどうなってこんな作品が突如韓国から飛び出してきたのか理解不能な怪作でした。
突如、といっても本作がリリースされたのは2015年のことで、今の春に日本でCD化(フィジカル化そのものが初っぽい)?された、というのが正確なところです。

がしかし、この作品の隅から隅までに横溢する、まるで世相など関係ないかのような超然とした空気/雰囲気/佇まいは、新作としても全然問題ないくらいエヴァーグリーンだと思いますし、まぁそもそも(私自身の不勉強ももちろんありますが)、こうやって大きく音楽ファンに認知されるチャンスが巡ってきたわけですし、今年の作品として取り扱いたいと思います。

さて、このユニットに関する詳細情報は現在でも殆どと言っていいほど非公開となっております。
日本語では、今回のリリース元のBoanical House関係者によるインタヴューが情報としても有用かと思われますが、これによると現在この名義での活動はされてないようです。

本作はフィンガースタイルのアコースティックギター弾き語りを主なスタイルとしながら、そこに様々なフィールドレコーディングやその他の楽音、電子音、歌声などをコラージュし作り上げたものなのですが、一音一音が完璧というか、まさに「こうあるべき」形に収まっているという奇跡を達成しておきながら、どこまでもソフトで、作りこまれたような形跡を微塵も感じさせない、背筋が凍るほどに不可思議な出来になっています。

爪弾かれるアコースティックギターで構築される楽曲は、酩酊的な空気を醸したり、突然思いついたかのようにリズム/進行を明後日の方向に変えてみたり、と思いきや今度は狂ったバランスの音響に埋没してみたり…とわずか30分強の作品とは思えないほどに劇的な変化を見せます。

自宅で本作に係る大半の作業を行ったということもあり、音は密室的でパーソナルなテクスチュアを纏っています。
音楽の作り方やアウトプットの形などは日本で言えばdrawing4-5に近いのですが、個人的にメロディセンスと合わせ何かに似ている、と思っていたのですが、ふと思いついたのはアンディ・パートリッジ(XTC)のデモ音源集"Fuzzy Warbles"シリーズだったのだから不思議です。

なんかもう、不思議としか言ってないようなレビューになってますが(笑)
現代的な、ウィアード/ストレンジなアシッド・フォークとして非常に魅力のある、聴きどころの多い作品です。
まだ6ヶ月ありますが、コレ聴かずに今年は終われませんよ!


7/7 "tricot VS47" tour @高松DIME w/Age Factory

tricot、高松の七夕を席巻!

いやー行ってまいりましたtricotの高松ライヴ。
2015年の"A N D"以降、年を追うにつれ、個人的な生涯ベストミュージシャン(XTCが殿堂入りしているあれです(知らねえよ))の一角を占める存在になってきてはいましたが、ようやく観ることができて感無量でございました。
(今回は撮影禁止ということもあり画像はなしです)

今回は平日のライヴということもあり、仕事終わりに間に合うかとハラハラものでした。
定時ダッシュします、と職場には数日前から宣言してましたので(それが通用する程度にはホワイトなところに転職できました)、17時過ぎにはいそいそと机周りを片付けていると、先輩の女性社員から「ダッシュする気満々じゃないっすか(笑)」と言われたので、良い笑顔で「はい!」と言っておきました(笑)

妻の仕事終わりが18時なので一度家に帰って着替え、妻を拾って一路瓦町の高松DIMEへ。
信号運が良くてするりと到着。

7・8番という良整理番号をGetできておりましたので開場と同時に中に入り、物販ではTシャツ(緑)と缶バッジ(全種)を購入。
缶バッジはクジでしたが、物販の方が「一種類だけ袋に入れ忘れてるので、それ一つと、あとは別の選んだらいいですよ」と教えてくれたところ、妻が「いっそ選んじゃだめですか?」とグイグイ攻めたら、「大丈夫です、誰も見てないですどうせ」というナイス対応(笑)全て一種類ずつ綺麗にGetしました。

で、開演。
まずはAge Factoryでしたが、何も音源を聴かずにいったわりには楽しめたと思います。
一曲目のイントロで残響がじわじわと広がっていくのがとても印象的でしたし、結構大胆なリズムチェンジがあったりと、全体的にエモ寄りのポスト・ロックっぽいスタイルではありましたが、言葉の詰め方にはHIPHOPやフォーク(というかトーキング・ブルース?)っぽいところも感じられ、完成された世界観を魅せつけてくれました。
改めてyoutubeなどで楽曲を聴いてみましたが、ライヴでぐっと良くなるバンドのような気がします。

そして本丸のtricot。
まずはうろ覚えですがセットリストです。

TOKYO VAMPIRE HOTEL
Wabi-Sabi
DeDeDe
よそいき
pork side
ポークジンジャー
18,19

<リクエストコーナー>
CGPP
slow line

南無
節約家

99.974℃
(本編ラスト数曲うろ覚え)

<アンコール>
MUNASAWAGI
メロンソーダ


当然のこととして新作"3"からの選曲が多く、非常にアガるセットリストでしたが、なにより3人のキュートさに心を奪われっぱなしでして、フロントマン中嶋イッキュウの愛らしさとエモーショナルな歌声はもちろんのこと、リードギターのキダ・モティフォさんの多彩なギタープレイとはにかみっぷり、逆にベースのヒロミ・ヒロヒロさんの寡黙な雰囲気に似合わぬ暴れっぷり(客席まで降りてきてくれた、というか妻がちょっと触ってた 笑)、そしてコーラスの絶妙さに終始感動しておりました。

途中のMCでは高松民のノリの悪さが爆発したのか(汗)tricotの面々にも少々の戸惑いが見られましたが(すいません)、キダさんが変なキャラを開眼(?)したおかげで和気藹々とした空気で終われたように思います。

いやとにかく、CDでも理解していたつもりでしたが、生で見ると音の説得力が段違いで、これは見ておかないと損するバンドだな、と確信しましたし、そもそもtricot聴いたことない人は今からアルバム3枚全部買って一ヶ月聴き込め。(命令)

欲を言えば、新作からはSSWっぽい作風で言葉が刺さる'スキマ'、旧作からは'おちゃんせんすぅす'や'食卓'、'プラスチック'あたりを聴きたかったので、次また高松に来てくれるときも観に行きたいと思います。

とにかく、今の邦ロックで間違いなく最高のバンドですtricotは。
今回のツアー、四国は昨日で終わりですが(高知、徳島、愛媛はすでに回った)、まだ27都道府県が残っております。
今からでも遅くないのでチケット取ってアルバム聴き込んでみてはいかがでしょうか、というかアルバム3枚(+"KABUKU EP")とチケット代で合計15,000円程度ですし、それで一生付き合えるバンドに出会えるんですから安いもんです。
是非まだ聴いたことないと言う方はコレを期に行ってみてください!

2017年7月の新譜

Inna De Yard "The Soul of Jamaica" (Chapter Two Records)


PESSIMIST "PESSIMIST" (Blackest Ever Black)


Taylor Deupree & Marcus Fischer "Lowlands" (IIKKI)


Xorodox "Neospection" (editions Mego)


とにもかくにも、FoetusことJ.G.サールウェルのeMegoデビューがアツい月になりそうです。
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR